PADIプロフェッショナルコース

<ダイビングのプロになる>

1.PADIダイブマスター・コース

プロへの最初のステップ
PADIダイブマスター
コース概要 PADIダイブマスターは、PADIプロフェッショナルの道への最初のステップです。 このコースでは、あなたのダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、さまざまな活躍の場が得られます。 海の素晴らしさを、ダイビングの楽しさを一人でも多くの仲間と分かち合いたいあなたの夢を 叶えるために、PADIダイブマスター・コースに今すぐチャレンジしましょう。 PADIダイブマスターになるとできること
◆PADIダイブセンターやリゾート、ダイブ・ボートのスタッフとして働くことができる。
◆PADIインストラクターと一緒にお客様のアシストができる。
◆PADIスキンダイバーコースを単独で実施し、認定ができる。
◆PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施できる。
◆認定オープン・ウォーター・ダイバー以上の認定ダイバーのPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施できる。
◆PADIディスカバー・ローカル・ダイブ・エクスペリエンス・プログラムを実施できる。
◆エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター・コースを修了すればエマージェンシー・ファースト・レスポンスコースを実施できる。
◆PADIディスカバー・スクーバ・ダイビング・リーダーの資格がある場合は、単独でプールもしくは限定水域でディスカバー・スクーバ・ダイビングを実施できる。
受講資格 1.PADIアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー、または、それに相当する資格を有していること。
2.PADIレスキュー・ダイバー、または、それに相当する資格を有すること。
3.過去24ヶ月以内にEFR一次および二次ケア・トレーニング、またはそれに準ずるものを修了していること。
4.ダイビングに適した体調であるか診断し、医師の署名の入った病歴/診断書(12カ月以内)
5.ログブックに最小限40回のダイブが完了していること。
6.18歳以上であること。
受講内容 <知識開発>
1.PADIダイブマスターの役割と資質
2.認定ダイバーの監督
3.生徒ダイバーのアシスト
4.ダイバーの安全とリスク・マネージメント
5.ダイブマスターが実施できるプログラム
6.特殊スキルと活動
7.ダイビングビジネスとキャリア
8.ダイビング環境への意識
9.潜水理論の復習
<水中スキル開発>
●水中スキル実習
1.400m水泳
2.15分間立ち泳ぎ
3.800mスノーケルスイム
4.100m疲労ダイバー曳行
5.器材交換
●ダイバーレスキュー
●ダイブスキル
1.ワークショップ
2.24スキルのデモンストレーションレベルへの開発と評価
<実践応用>
●実践スキル
1.ダイビングポイントでのセットアップと管理
2.水中地図の作成
3.ブリーフィング
4.サーチ&リカバリーのシナリオ
5.ディープダイビングのシナリオ
●ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ
1.限定水域でのスクーバ・リビュー
2.スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督
3.限定水域でのディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラム
4.ディスカバー・スクーバ・ダイビング・プログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ
5.オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング
●実践評価
1.限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒
2.オープンウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒
3.オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー
4.オープンウォーターでの認定ダイバー
●プロフェッショナリズム評価

2.PADIインストラクター開発コース

PADI IDC COURSE
PADIダイビング・インストラクター
コース概要 PADIインストラクター開発の基礎となるのが、PADIコースディレクターの元で開催されるインストラクター開発コース(以下:IDC)です。このIDCはアシスタント・インストラクター(AI)コースと、オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)プログラムの2つから構成されています。AIコース(最低4日間)とOWSIプログラム(最低4日間)を連続して組み合わせたものがIDC(7日間)となります。
受講資格 1.PADIダイブマスター(オープン・ウォーター・ダイバーからレスキュー・ダイバーまでも必要です)、または他の指導団体でリーダシップ・レベルとして認定されていること。
2.18歳以上であること。
3.ナイト・ダイビング、ディープ・ダイビング、アンダー・ウォーター・ナビゲーションを含めた、ログに記載されているダイブ経験本数が60本以上であること。
4.認定ダイバーになってから6カ月以上経っていること。
5.過去24カ月以内にCPRとファースト・エイドのトレーニングを受けていること。
6.病歴/診断書
受講内容 PADIアシスタント・インストラクターコース
1.規準エグザム、カリキュラム・プレゼンテーションの出席と知識開発プレゼンテーション2回、4つのEカウンセリング・ワークショップ1回
2.ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション2回
3.オープンウォーター講習プレゼンテーション1回(2スキルを1回のオープンウォーターで実施) 、レスキュー練習ワークショップ、PADIダイブマスター・コースのレスキュー評価
PADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターコース
PADI OWSIプログラムはPADIインストラクターになるための最終のステップです。 このコース中、それぞれの生徒が必要としていることをPADIダイバー教育システムを使って適応させることを学びます。包括的なトレーニングと多様な教材を使い、同僚や生徒から多くの信頼も得ることになります。このPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、PADIディスカバー・スクーバ・ダイビングからPADIダイブマスター・コースまで幅広い範囲に及ぶPADIプログラムを実施することができます。
1.規準エグザム、カリキュラム・プレゼンテーションの出席と知識開発プレゼンテーション1回、4つのEカウンセリング・ワークショップ1回
2.ダイブ・スキル評価、限定水域プレゼンテーション2回
3.オープンウォーター講習プレゼンテーション1回(2スキルを1回のオープンウォーターで実施) 、ディスカバー・スクーバ・ダイビング・ワークショップ、アドベンチャー・ダイブ・ワークショップ、レスキュー練習ワークショップ
4.マスク、スノーケル、フィンを使って、顔をつけたまま800メートルをノンストップで泳ぐ
5.IE参加までにログブックに記録されているダイビングが100本以上
試験概要 PADIインストラクター試験(IE)
●IEは4つのセクションで構成されています
1.筆記試験(5つの理論エグザムとPADIシステム・規準・手続きエグザム)
2.知識開発プレゼンテーション
3.限定水域(限定水域プレゼンテーションと5種類のスクーバ・スキル)
4.オープン・ウォーター(オープン・ウォーター・プレゼンテーションとレスキュー・デモンストレーション)
●参加資格
1.ダイバーの認定を受けてから6カ月以上で100ダイブ以上のログの経験をお持ちの方。(CDC6週間プログラム参加のアシスタント・インストラクターは60ダイブ)
2.IDC/OWSIプログラム修了日から1年以内の方

3.スペシャルティ・インストラクターコース

PADI SPECIALTY INSTRUCTOR
PADIスペシャルティ・インストラクター
コース概要 PADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターになった後、あなたはさらに様々な種類のダイビング・コースを開催したいと思うことでしょう。各PADIスペシャルティ・インストラクター資格に対し、それぞれ個別に申請を行えばPADIスペシャルティ・インストラクター資格が取得できます。PADIスペシャルティ・インストラクター資格を取得することによって、お客様に色々なダイビングの楽しみ方と提供することができるようになります。お客様はそれぞれのスキルを身に付けていくことで、水中での快適度や安全性を高めることができます。
認定条件 資格更新済みのPADIアシスタント・インストラクター、またはPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター以上。または過去12ヶ月以内にIDC/OWSIプログラムを修了していること。 ※デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーとエマージェンシー・オキシジェン・プロバイダーは、ダイブマスターから取得できます。
認定・申請方法 PADIコース・ディレクターが実施するスペシャルティ・インストラクター・トレーニング・コースを受けるか、PADIへ直接申請することによって、PADIスペシャルティ・インストラクターとしての資格を得ることができます。直接申請をするために、別途条件が必要なものもあります。

4.マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー

PADI SPECIALTY INSTRUCTOR
PADIスペシャルティ・インストラクター
資格内容 あなたがお客さまをPADIダイバー継続教育システム使ってレベルアップさせてあげたいと思っているならば、PADIマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーになることをお勧めします。なぜならこのマスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーは、5つのPADIスペシャルティ・インストラクターを取得することによりお客様により多くのダイバー継続教育の機会とニーズを満たすことができるからです。
認定条件 ●5種類以上のスペシャルティ分野でPADIスペシャルティ・インストラクターとして認定されていること。
●これまでに25名以上のPADIダイバーを認定していること。
●資格更新済みのPADIオープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターであること。
認定・申請方法 マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー資格申請書に必要事項を記入し、PADIオフィスへ提出する。